地球温暖化・地球環境に貢献する亜臨界水反応装置「Mリサイクルマシーン」

Mリサイクル

廃棄物リサイクル

Mリサイクルマシーン  

File not found: "ricircl.jpg" at page "Mリサイクル"[添付]

有機性廃棄物のほとんどが焼却処理され、その焼却灰が、最終処分場に埋め立てられていたが、焼却処理による地環温暖化問題・ダイオキシン間題・埋め立て処理する最終処分場不足等、様々な問題が提起されている。

  • (1)有機性廃棄物を100%資源化し、環境を守り、循環型リサイクル社会の構築と地域の経済振興と活性化する。
  • (2)地球温暖化問題の原因といわれる亜酸化窒素・二酸化炭素を排出しない・地球環境に悪影響を及ぼすダイオキシンを発生させない「亜臨界水反応装置」を利用したリサイクルプラントで有機性廃棄物から有害物質を含まない、無菌状態の「栄養価の高い飼料」・「栄養豊富な培養土」を生産する。
  • (3)有機性廃棄物より安価な飼料・堆肥を生産することで、畜産物生産コスト・魚の養殖コストの低減・内外価格差を縮小する。
  • (4)「栄養豊富な培養土」によりやせ細った土地を肥沃化する。
  • (5)有害物質を含まない、無菌状態の「栄養価の高い飼料」により食の安心・安全性を図る。
  • Mリサイクルマシーン」を利用したリサイクルプラントの概要
    この「亜臨界水反応装置」は圧力釜の要領で140 度から200 度の水蒸気と、14 から20 気圧の圧力を加えて、イオン化された水蒸気の中で有機性廃棄物を攪拌しながら亜臨界水反応処理する装置。
  • Mリサイクルマシーン」の特徴
    • 1.亜酸化窒素・二酸化炭素・ダイオキシンを発生させない。
    • 2.高温・高圧の状態で水がイオン化した状態で処理するため、殺菌・消臭・有害物質の無害化ができる。
    • 3.高温・高圧の状態で処理するため、有機性廃棄物に含まれる栄養エキスが抽出してきて、栄養価を高め、消化しやすい飼料・たい肥となる
    • 4.容器包装プラスチック類を高温・高圧で処理するため、縮小固形化できる。
    • 5・短時間で大量の食品廃棄物が処理でき、密閉装置内で処理するため、悪臭を出さない。
    • 6.コンパクトな機械なので敷地が要らず、建設費用・ランニングコストが安価で済む。

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

亜臨界水でかけがえのない地球を守る、G-8INTERNATIONALTRADING