地球温暖化・地球環境に貢献する亜臨界水反応装置「Mリサイクルマシーン」

亜臨界水反応

亜臨界水反応 とは  

画像の説明

☆水の温度・圧力を374(C、22Mpa(220気圧)以上まで上げると、水(液体)でも水蒸気(気体)でもない状態となります。この点を水の臨界点といい、臨界点より上の領域を超臨界水と呼びます。この水による反応を超臨界水反応と呼びます。臨界点よりも低い近傍の領域を亜臨界水と呼びます。

亜臨界水反応は、高温高圧の水の性質を利用した反応で、亜臨界水反応により、有機物の分子、でんぷんやたんぱく質は、アミノ酸に分解され低分子化される事により、固形分が液状化されます。また、環境汚染物質を分解し、無害化出来ます。

亜臨界水が有機物の溶解作用と強い加水分解作用を有する理由として、通常の水の誘電率の値は80 程度であるのに対して、亜臨界水となると誘電率の値は20〜30 程度となり、油を溶かすことに使われるメタノールに近くなるため、油を溶かす性質を持つようになることが上げられます。

亜臨界水の温度領域である250℃程度のところでは、水が非常に大きなイオン積を持ち、水素イオンと水酸化物イオンに分離する割合が大きくなるため、強い分解力を持つことになります。

亜臨界水反応は、有機溶媒のような化学物質でなく、水を溶剤として使用するため、環境に優しい安全な廃棄物の再資源化が可能です。

MRMは廃棄物を有効利用する為に最適な200℃、2Mpa(20 気圧)の亜臨界水で処理しています。

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

亜臨界水でかけがえのない地球を守る、G-8INTERNATIONALTRADING