地球温暖化・地球環境に貢献する亜臨界水反応装置「Mリサイクルマシーン」

最新情報

最新情報  

AOGS国際学会における発表  

中川直子先生が第15回Asia Oceania Geoscience Society 国際学会において、MRMに関する発表を行いました。  
会期:2018年6月4日〜10日
会場:ハワイコンベンションセンター

画像の説明

ミヤンマー訪問  

2018年6月 松井三郎先生がミヤンマーを訪問
ヤンゴン市、マンダレー市で「MRMによるリサイクル事業」に関するプレゼンを行いました

画像の説明

モンゴル訪問  

2018年2月 弊社麻生副社長がモンゴルを訪問、各地でMRMのプレゼンを行いました

画像の説明

MRMの説明会を開催  

中国地方政府の上級幹部・アジア華僑が多数来日し、MRMの説明会を開催いたしました。
・日時:平成29年12月1日(金)
・場所:霞が関ビル35F 東海大学校友会館

画像の説明

ISO/TC275 ワークショップ「汚泥からの資源回収」  

ISO/TC275 ワークショップが開催され、吉村先生・松下先生が参加して亜臨界水について説明いたしました。
・日時:平成29年11月6日(月)
・場所:日本丸メモリアルパーク 訓練センター 第1・2教室
・講演内容:
 各国における汚泥処理に係る施策及び技術開発の取組み
・主催:地方共同法人日本下水道事業団、一般社団法人日本下水道施設業協会

画像の説明

2017年10月4日発行の北海道新聞に北海道地区総代理店エース・クリーン株式会社が取り組んでいる木質飼料で北海道研究機構の林産試験場および雪印種苗との共同研究について掲載されました。  

画像の説明

第7回IWAアジア太平洋地域会議(IWA-ASPIRE)  

日本の水関係者は来年9月に東京で開催されるIWA世界会議に向けて、産官学一体のチームジャパンでIWA東京会議招致活動を強力に展開し、亜臨界水処理でのメタン発酵の促進やコンポスト化の高効率化、北海道北見市で行われている木質バイオマスから和牛の飼料生産など、アジアに共通する諸問題の解決策とし日本の実施例を具体的に示し多くの参加者を魅了しました。
会期:2017年9月11日〜13日
会場:マレーシア・クアラルンプール

画像の説明

2017年6月 LVH(ラスベガス・ハリウッド)マガジン、デュバイ版にMリサイクルマシーンについての記事が掲載されました。  

画像の説明

2017第39回JORAテクノフォーラム  

株式会社エースクリーンの中井英治代表取締役が「森林資源の活用による牛の飼料生産事業の創出」と題して講演。亜臨界水反応を利用して、林地残材などの木質バイオマスから肥育牛など家畜の飼料を生産する技術について、その特徴や実証研究の最新動向が報告されました。
会期:平成29年3月10日
会場:馬事畜産会館
主催:一般社団法人日本有機資源協会

2017水の安全保障戦略機構第15回基本戦略委員会  

亜臨界水技術が支える資源循環」でプレゼン発表に参加しました
会期:2017年2月22日(水)10:00〜
会場:衆議院第一議員会館 1階 国際会議場
主催:水の安全保障戦略機構事務局
画像の説明

2017防衛施設学会 年次フォーラム  

亜臨界水技術による地域創生への可能性」で論文発表に参加しました
会期:平成29年2月6日(月)
会場:グランドヒル市ヶ谷

2017年1月13日に開催された「横浜市上下水道シンポジウム」においてMRM亜臨界水処理が紹介されました。  


2016年12月1日発行のカレント誌に亜臨界水処理の解説、肉牛飼料化事業の案内等が掲載されました。  


2016年10月25日発行の下水道情報(公共投資ジャーナル社)でMRM亜臨界水処理による資源創出の記事が掲載されました。  


月刊「カレント」2016年10月号に北海道北見市のMRMを使用して木チップから製造した和牛用粗飼料の記事が掲載されました。  

2016クェーカー 7 アジア地域における土木工学会議  

中央大学研究開発機構(次世代環境産業形成研究ユニット)が亜臨界水をテーマにMRMを紹介しました
主催
アジア土木工学協議会
日程:2016 年8 月 30 日 - 9 月 2 日
会場: Hilton Hawaiian Village Waikiki Beach Resort

【日本農業新聞】2016年6月23日版にMRMを使用して製造した粗飼料の記事が掲載されました。  

画像の説明

2016防衛施設学会 年次フォーラム  

亜臨界水技術による地域創生への可能性」で論文発表に参加しました
会期:平成28年2月4日(木)
会場:グランドヒル市ヶ谷

RADIEX2015 in Fukushima  

中央大学研究開発機構(次世代環境産業形成研究ユニット)が亜臨界水と除染というテーマで展示しました

会期:2015年10月15日(木)〜16(金)
会場:郡山カルチャーパーク
主催:環境新聞社
共催:郡山市
後援:環境省/復興庁/文部科学省/農林水産省/経済産業省/国土交通省/福島県/国立研究開発法人 国立環境研究所/国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構/国立研究開発法人 放射線医学総合研究所

RADEX2015環境放射能対策・廃棄物処理国際展  

中央大学研究開発機構(次世代環境産業形成研究ユニット)が亜臨界水と除染というテーマで展示しました

会期:2015年7月15日(水)〜17(金)
会場:科学技術館展示ホール
主催:環境新聞社
後援:環境省/復興庁/文部科学省/農林水産省/経済産業省/国土交通省/福島県/国立研究開発法人 国立環境研究所/国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構/国立研究開発法人 放射線医学総合研究所

第4回環境放射能除染学会研究発表会  

中央大学研究開発機構(次世代環境産業形成研究ユニット)が亜臨界水と除染というテーマで展示しました
主催:環境放射能除染学会 
日程:平成27年7月8日(水)〜7月9日(木)
会場:タワーホール船堀(東京都江戸川区)

第9回 IWA国際シンポジウム−AGRO'2014  

企業展示会に亜臨界水処理で参加しました
期間 2014年11月24日〜26日
会場 ザ クラウンパレス新阪急高知(高知県)
主催 AGRO'2014組織委員会
共催 公益社団法人日本水環境学会.国立大学法人高知大学.独立行政法人科学技術振興機構
後援 環境省,農林水産省, 国土交通省,高知県,高知市,公益社団法人日本下水道協会

画像の説明

RADEX2014環境放射能対策・廃棄物処理国際展  

中央大学研究開発機構(次世代環境産業形成研究ユニット)が亜臨界水をテーマにMRMを紹介しました
会期:2014年9月24日(水)〜26(金)
会場:科学技術館展示ホール

画像の説明

3Rインターナショナル国際会議2014  

企業展示会に亜臨界水反応で参加しました
会期:2014年3月10日(月)〜12(水)
会場:京都大学百周年時計台記念館 2F 国際交流ホール

画像の説明

第50回日本水処理生物学会(神戸)大会  

水処理生物関係の企業展示会に亜臨界水処理で参加しました
会期:2013年11月11日
会場:神戸市水道局たちばな職員研修センター

画像の説明

第25回環境システム計測制御学会 (EICA) 研究発表会  

企業展示会に亜臨界水反応装置で参加しました
会期:2013年10月31日
会場:東北大学片平キャンパス

画像の説明

第24回環境システム計測制御学会(EICA)研究発表会  

亜臨界水技術を用いた有機性廃棄物の資源化」で論文発表参加しました
会期:2012年10月25日(木)〜26日(金)
会場:横浜市開港記念会館

画像の説明

第23回 廃棄物資源循環学会研究発表会  

亜臨界水反応を用いた廃棄物の多目的有価物への変換と循環」で論文発表に参加しました
会期:2012年10月22日(月)〜24日(水)
会場:仙台国際センター

画像の説明

第4回IWAアジア太平洋地域会議(IWA-ASPIRE)展示会  

企業展示会に亜臨界水処理で参加しました
会期:2011年10月2日(日)〜6日(木)
会場:東京国際フォーラム

画像の説明

Inter Aqua 2011 第2回国際水ソリューション総合展  

亜臨界水処理で展示参加しました
会期:2011年02月16日(水)〜18日(金)
会場:東京ビッグサイト

画像の説明

【月刊下水道】2011年3月号にMRMが掲載されました。  

画像の説明

【環境新聞】2011年1月26日版にMRMが掲載されました。  

画像の説明

中国国際省エネ排出削減及び新エネルギー科学技術博覧会  

会期2009年3月19日(木)〜3月23日(月)9:00〜17:00
会場:中国・北京・北京展覧館

画像の説明

主催者:
中華人民共和国科学技術部・中華人民共和国国家発展と改革委員
会・中華人民共和国教育部・中華人民共和国工業と情報化部・中華
人民共和国財政部・中華人民共和国環境保護部・中華人民共和国住宅と城郷建設部・中華人民共和国交通運輸部・中華人民共和国鉄道部・中国国務院機関事務管理局・中国科学院・中国科学技術協会

画像の説明

共催者:
科学技術部発展計画司・中国21世紀議程管理センター

G-8は2009年3月19日から北京展示館にて開催された「中国国際省エネ排出削減及び新エネルギー科学技術博覧会」に参加いたしました。本博覧会は中国の12の省庁が主催し、中国内外を合わせ1000余りの企業等が参加して、胡錦涛国家主席や温家宝首相も来場するなど盛大なものとなりました。

第5回エコプロダクツ国際展  

会   期2 0 0 9 年3 月1 9 日(木)〜 2 2 日( 日)
会   場S M X コンベンションセンターフィリピン・メトロマニラ
後援団体

画像の説明

世界銀行、アジア開発銀行、国連環境計画( U N E P ) 、気候変動に関する政府間パネル( IP C C ) 、フィリピン開発銀行、フィリピンナショナルバンク、フィリピン市民行政委員会、フィリピン農務省、フィリピン予算管理省、フィリピン教育省、フィリピン環境天然資源省、フィリピン財務省、フィリピン保健省、フィリピン国家経済開発庁、フィリピン貿易産業省、フィリピンエネルギー省、フィリピン科学技術省、フィリピン観光省、フィリピン外務省、フィリピン報道官室、フィリピン高等教育委員会、フィリピン技術教育技能開発庁、フィリピン関税局、フィリピン入国管理局、ランド・バンク・オブ・ザ・フィリピン、フィリピン娯楽・賭博公社、フィリピン情報機構、マニラ都市開発庁、フィリピン国家警察、マニラ国際空港公団、フィリピン日本人商工会議所、日本国農林水産省、日本国経済産業省、日本国環境省、在フィリピン日本国大使館、(財)社会経済生産性本部、( 社)産業環境管理協会、日本経済新聞社、(独) 日本貿易振興機構、(独)国際協力機構、(独)国際交流基金、国際協力銀行、(社) 経済同友会、

画像の説明

(社)日本経済団体連合会、日本商工会議所、グリーン購入ネットワーク、国際グリーン購入ネットワーク、在フィリピンアメリカ大使館、在フィリピンオーストラリア大使館、在フィリピン韓国大使館第5回エコプロダクツ国際展 マニラにて開幕!
過去最多の出展社・団体数を記録
2009年3月19日 (フィリピン・マニラ)

主催:APO、フィリピン生産性本部、フィリピン産業界環境支援組織APOは3月19日、環境配慮型製品・サービスに関する国際総合展示会である「第5回エコプロダクツ国際展」をフィリピン・マニラのSMXコンベンションセンターで開幕しました。G-8インターナショナルトレイディングはこの「第5回エコプロダクツ国際展」にMリサイクルマシーンのパネル・模型を展示し反響を呼びました。

「G8エネルギー大臣会合記念エコ&エネルギー展」  

 2008年6月7日〜8日 青森県開催

画像の説明

 2008 年6 月7日、8日の2日間、青森県においてG8 及び五ヵ国エネルギー大臣会合が実施され、洞爺湖サミットの主要課題の一つとなるエネルギー問題について、各国エネルギー担当閣僚・関係国際機関の代表者が話し合いを行いました。

 この会合にあわせ、「G8エネルギー大臣会合記念エコ&エネルギー展」が、2008年6月6日(金)〜6月8日(日)までの3日間、青森県観光物産館アスパムにて開催されました。

この展示会は、エコならびにエネルギー業界の最新技術やアプリケーション、サービスを紹介すると共に、関係者のみならず広く一般消費者に発展性をアビールする等、共催である青森県、経済産業省資源エネルギー庁の後援、および、協力各社・各団体様の支援により、盛大に開催されました。

G-8インターナショナルトレイディングはこの「G8 エネルギー大臣会合記念エコ&エネ

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

亜臨界水でかけがえのない地球を守る、G-8INTERNATIONALTRADING